猫が食べない時はどうする?猫が食欲不振になる原因と対処法

食欲不振が症状としてあらわれる病気一覧

猫が病気が原因で食欲不振になる場合、
原因となる可能性のあるの病気がたくさんあります。

 

軽い病気から死に至るまで思い病気まで様々です。

 

猫がご飯を食べなくなって、何日も経つと命にかかわることがあります。

 

様子がおかしいな、と思ったら、
すぐに病院に連れていき診てもらいましょう。

 

もし病院で原因が分からない場合も、
あきらめずにネットで症状を探してみたり、
精密検査してくれる別の病院を受診してみましょう。

 

猫がまったく食べなくなるのは、何らかの原因があるからです。

 

原因が分かれば助かる可能性もありますので、
諦めずに原因をつきとめて回復されることを祈っています。

 

以下は、主に考えられる病気の一覧です。

 

寄生虫症 猫ウイルス性鼻気管炎 猫カリシウイルス感染症 猫汎白血球減少症 猫白血病ウイルス感染症 猫伝染性腹膜炎 猫伝染性貧血 毛球症 糖尿病性ケトアシドーシス アジソン病 歯根膿瘍 不正咬合 口内炎 歯根吸収 FOPS 胃捻転 胃運動低下症 慢性胃炎 腸閉塞 腸重積 便秘 巨大結腸症 急性肝炎 慢性肝炎 肝硬変 脂肪肝 門脈体循環シャント 胆管肝炎症候群 膵炎 胆嚢障害 熱中症にかかった 異物を飲み込んだ 認知症 肝性脳症 水頭症 キー・ガスケル症候群 溶血性貧血 ガン 泌尿器の病気 高窒素血症 咽頭炎 気管支炎 胸膜炎 肺炎 横隔膜ヘルニア 前立腺炎 前立腺膿瘍

 

 

猫が食欲不振となる主な原因はこちら